慢性腰痛

腰痛は大きく2つに分けられます。検査で原因が特定できる「特異的腰痛」と、検査をしても原因が特定しきれない「非特異的腰痛」です。

特異的腰痛の代表は悪性腫瘍、脊椎間狭窄は病院でので治療が必要です。

一方、非特異的腰痛は、よくない姿勢や 動作からおこるものや、ストレスによるもので、腰痛で受診する人の約80%はこ のタイプです。画像検査で異常があっても痛みがない人、逆に異常がなくても腰痛で困っている人もいて、この検査だけで腰痛のおこった理由や今後の見通しを 示すことは難しいのが実情です。したがって、画像検査で異常があるといわれたとしても非特異的腰痛なら特にに心配せず、急性期の非常に痛みが強い場合を除いて、安静にしすぎるよりも、できるだけ普段どおりに日常生活や仕事をこなすよう指導する方向に、治療が変わり始めました。最新の研究では脳の側座核と言われる部分の血流量と関係があると言われています。当サロンのイーマサウンドセラピーを受けるとそういった手ではできない深い部分での効果が期待できると考えています。是非通常の治療や整体で効果がない方は一度当サロンの施術を受けてみてください。

カイロプラクティックTONE神楽坂整体サロン

〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-73メゾン・ド・ガーデニア201